足のだるさと下肢静脈瘤

足のだるさと下肢静脈瘤

足がだるい原因としてよく見られるものに下肢静脈瘤という症状があります。これは下半身に汚れた血液が溜まってしまう症状のことです。

 

血液を全身へと行き渡らせているのが心臓です。この心臓には血液を全身へと運ぶ動脈と、全身から心臓へと送り込む静脈の2種類が流れています。血液は単に全身に運ばれるだけでなく、体内の老廃物を回収しながら心臓へと戻し、きれいにする役割も担っているのです。

 

しかし、体中に行き渡った血液が心臓に戻るためにはエネルギーが必要です。とくに下半身の血液は重力に逆らう形で流れる必要があります。ふくらはぎが「第二の心臓」と呼ばれるのも下半身の血液を心臓へと送り返すために必要なものだからです。

 

しかし、さまざまな理由で下半身の血流が滞ってしまうと心臓まで送り届けることが困難になります。その結果汚れた血液が足に溜まるようになってしまい、新陳代謝がうまく機能しなくなってしまうことで疲れやすくなったり、足がだるいといった症状が表れるのです。この状態が下肢静脈瘤なのです。

 

ではどのような原因で下肢静脈瘤が発症するのでしょうか。もっとも多いのが立ち仕事が多い人。下半身がうっ血状態に陥り、血液の流れが阻害されてしまいます。それから妊娠が原因で起こることも。とくに2回目以降の妊娠に多く見られるのですが、子宮が大きくなるにつれて骨盤内の銃脈が圧迫されてうっ血が起こってしまうのです。

 

足がだるい症状の他、むくみや足がつる、熱を持っているような感覚といった症状が表れます。放置していると肌の湿疹や黒ずみ、潰瘍などが発症することもあるため、気がついたらできるだけ早く医師の治療を受けることが求められます。

スポンサードリンク